動物ボランティア活動

【五日目】野良猫シロの保護活動日記。猫の幸せを望む人からの善意に感謝ニャ!

2020.2.28

朝の薬を飲ませているとき、おばさまが近づいてきて僕に声をかけてきました👵

猫にエサをやるな!のクレームだろうなと思ったら…

「猫を病院に連れて行ってくれたんだってね!ありがとうね」

ホ?

話を聞くと、シロは僕が病院に連れていく数日前からケガをしていて、その時に病院へ連れていくという決断ができなかったことを悔やんでいたようです。

ポケットに何かを入れられて、確認すると千円札が一枚入っている💴

「お気持ちだけいただきますので」とお返ししたけど、

おばさまは「自分も猫を治療して治るまでの活動を応援させてください」

「猫のために使ってもらえるのなら善意として使ってほしい」

押し切られていただいた千円、次回のお薬代の一部に使わせていただきました。

薬代

このおばさまは朝6時30分くらいから僕が来るのを待っていたそうで、早く帰って体を休めてほしいとの思いもありお金を受け取りました。

前日に僕が朝夕と猫が出てくるのを何時間も待っていたのを見て行動に起こされたと言っていました。

僕もほかの方が保護猫活動している影響を受けて行動に移しています😌

良い縁、良い輪が広がりますように!

薬1
シロ

この日はすぐにシロが出てきて薬を飲ませられました💊💊

それでもいつ姿を見せなくなるか不安は尽きません。

六日目へ