動物保護活動

【野良猫の足がケガでハゲてる】茶白・お父さんの保護猫日記

2020.3.7

「お父さん」が愛称の茶白猫さん。

以前、ケガの治療をしたシロととても仲良し。

ねこのたまり場でみんなを守りながら仲良く暮らしているボス猫的存在。

ある日、この子の右後ろ脚に大けがを見つけました。

反対側もケガをしていますが、普通に歩けています。

最近やってきた黒猫さんがここにいる猫たちにケンカをふっかけてきて、ケガをする子たちが増えました。

黒猫は若くて動きも機敏。とてもこの子たちがかなう相手ではありません。

とりあえず、この子の足のケガを治療しないと化膿した肉がただれ落ちて、歩くのに障害が出ては大変です。

2020.3.10.捕獲できず

捕獲するケージに入ることを警戒されて素直に入ってくれません。

黒猫との縄張り争いで神経もピリピリしているので捕獲はあきらめて、病院から抗菌の綿棒をいただきました。

この綿棒で傷口の菌をぬぐい取り、培養して良く効く薬をもらいます。

発見から数日たって傷口が治ってきているのか?乾燥しているので膿が採れませんでした。

もし、培養して菌が増えなかったら自然治癒で治るとのことなので、様子を見ていきます。

早く治そうね!