雑記

【冬の神戸布引ハーブ園】布引の滝も含め、日帰りでまわるスケジュール

ハーブのアイキャッチ

「ハーブ園へハイキングに行こう!そして布引の滝も見に行こう!」

12月に友人と旅行計画した神戸ハーブ園。

この記事では、昼の短い冬にハーブ園と布引の滝をゆっくり見て回る時間なんてあるの?という人の疑問を解消する記事になります。

日帰り旅行のポイント
  • 朝9時に新神戸駅に到着してハーブ園と、布引の滝も見て回って暗くなる17時には新神戸駅に戻ってこれるスケジュールを組んでみました。
  • 布引の滝を見るためには、遅くても16時までに中間の駅に着いておく必要があります。

ハーブ園の全てのステージを見て回ると時間的にきびしいですが、できるだけ多く回りたい!

各スポットに到着した時間と、最低限寄っておくべきスポットも含めて書いていますので、その時間を押さえておくと暗くなる前に布引の滝も見ることができます!

さらに!12月の初旬ならば、夜に神戸ルミナリエを見て回るスケジュールも組み込んでも良いですね!

ルミナリエの情報も後述します!

9:00分 新神戸駅到着! ハーブ園山麗駅に向かう

神戸市内を走るお洒落なバス

神戸市内を走るバス。とてもお洒落ですね!見入ってしまいました。

神戸布引ハーブ園に行くには「山陽新幹線」「神戸市営地下鉄」の「新神戸駅」のふもとにある「ハーブ園山麗駅」からゴンドラに乗って向かいます。

駅から徒歩5分くらい歩くと山のふもとからゴンドラの昇降が見えました。

ゴンドラの料金

大人1,500円(片道950円)

小人750円(片道480円)

ゴンドラにのる前に往復か片道の確認をしよう!

ポイント:帰りに布引の滝を見に行く人は片道分の購入をおすすめします。

山頂からハーブ園を鑑賞しながら徒歩で中間駅に向かいます。

布引の滝は中間駅よりも下にあり、布引の滝を見た後は、そのまま新神戸駅に下山した方が近くて楽だからです。

布引の滝を見ないのであれば、帰りに中間駅からゴンドラに乗る分の往復分を購入しましょう。

私たちは布引の滝へ立ち寄るために帰りは全て徒歩でした。それを考えずに往復分の切符を買ってしまいました。(反省)

ゴンドラ

ゴンドラの中は思っていたより広いです。何人乗りかは聞いていませんが、横に詰めると6人くらい座れるくらいの広さです。

乗車位置に止まったゴンドラに乗り込み頂上のハーブ園まで向かいます。

15分ほどの空の旅です♪

9:36分 ゴンドラに乗車!

ゴンドラは揺れがほとんどありません。そのおかげか高所恐怖症の私でも景色を楽しむことが出来るので、高いところが苦手な方でも安心してください。

ゴンドラから見える神戸市内

ゴンドラから神戸市内を一望できます!360度パノラマで景色が楽しめます!

山の中を急角度で登っていきます。写真だけ見ると怖く感じますが、音も静かで揺れもほとんどなくて快適でした!

ゴンドラから前の景色

進行方向側の景色です。10秒くらいのタイミングで対向車とすれ違います。

中間駅でSNSの投稿確認!

ハーブ園中間駅

風の丘中間駅で1分ほど停車しました。とびらは開きませんでした。

SNSの看板

SNSプレゼントキャンペーンをしています。ゴンドラ内から見える景色を#(ハッシュタグ)を付けてSNSに投稿するとカモミールのアロマ入浴剤がいただけます。

プレゼントを忘れずにGET!

山頂駅で降りてから、ゆっくりSNSに投稿して入浴剤をGETしましょう!

さあ、山頂駅に向けて再出発です!

途中の景色

中間駅から山頂駅までは景色が変わります。ここから終点まで見える景色は約200種類、およそ75,000株ものハーブが植えられているハーブ園を空から眺めることができます。

遊歩道

山頂からハーブを鑑賞しながら下山する遊歩道が見えます。この遊歩道を歩いて降りていきます。

あっという間の空中の旅でした。

9:50分 山頂駅に到着!

山頂の景色

展望広場。山頂駅から見える景色です!

山頂の景色の説明

山頂から一望できる景色の説明ですね。素晴らしい景色です。圧倒されます!

木のオブジェ

山頂にはいくつかのオブジェが並んでいます。

洋館の建物

洋館風の建物。クリスマス使用の飾りつけになっていますね♪

夜はライトアップされるので楽しみたいのですが、ハーブを楽しみつつ、下山して布引の滝も見る予定なので、ライトアップは断念します。

ハーブ園山頂でしておきたいこと

  • 展望広場で景色を眺める
  • 売店でお土産を買っておく
  • 森のホール・香りの資料館も楽しむ
  • 11時台にレストランに入店するとスムーズに席が取れる
  • 白黒のノラ猫さんを見てなごむ
  • 夜の神戸市内の夜景は感動もの(夜限定)

ポイント:ゴンドラの営業時間は17:00くらいまでなのでゴンドラで帰られる方は時間に注意!

山頂に居た猫

良い天気なのでノラ猫さんも日向ぼっこしていました♪よく人になれています。

山頂にはテーブルとイスがたくさん並べられており、売店で購入した食べ物を食べることができます。

売店にはハーブ石鹸、ハーブクッキーなどハーブに関する商品が置いてあり、たくさんの買い物をしてしまいます。

森のホール・香りの資料館

売店の奥の方に「森のホール・香りの資料館」がありますので、忘れずに見て回りましょう!

香りによる性格判断

ハーブに関する歴史と知識を遊びながら学べるようになっています。

香りの説明

何十種類もの試香ビンが置いてあり、知ってる香り、知らない香りをいろいろと楽しむことができます。

色々と楽しめる工夫が凝らされているので、ここで時間を食いがちですが、11時30分くらいにレストランへ入店できる時間を楽しむのがベストです。

山頂のレストラン「ザ・ハーブダイニング」

11:22分到着

売店の2階に「ザ・ハーブダイニング」というレストランがあります。

ここでランチ休憩をいれて、お腹を満たしておきましょう。

12時をすぎると混雑するので、11時台に早めに入店することでスムーズに食事ができます。

そのあとのスケジュールにも余裕ができます!

選べるメイン料理(パスタ、肉料理、魚料理)+前菜ブッフェ+オリジナルブレンドハーブティー

大人2,380円小人1,180円です。 

 「ザ・ハーブダイニング」

前菜ビッフェ

前菜ブッフェ。おいしいです!

トマトパスタ

メインにパスタを選びました。パスタの上にある花びらもハーブでそのまま食べられます。

ニョッキのカルボナーラ

ニョッキのパスタもありました。最高のお味でした!

レストランと同じ階にお手洗いや座るところもあるので、しばし休憩して下山します。

ハーブ1

↑まるで野菜畑のようなハーブの群れ。

200種類ものハーブを徒歩で歩いてみて回れますが、分かれ道や丘の上まで登る場所もあります。

時間がない場合はどちらかの道を選んでそのまま進みましょう。

ハーブ2

↑美しい花のハーブ。この公園に植えられている植物は全てハーブです。

さらに歩いていくと「グラスハウス」という建物を見つけたので、入ってみました!

13:54分 グラスハウス到着

グラスハウスで遊んでおくところ

  • スパイスエリア、温室ステージで時間をかけない
  • クラフトコーナーで何か体験して思いで作り
  • 足湯があるので足を休めた方が良い
  • 喫茶もあるが、寄ると時間ロスが大きいのでスルー

まだ時間的にも余裕があるので寄りたいと思います。

いくつかのステージに分かれていて、始めにスパイス工房というエリアを歩きました。

ふくろ

当時のハーブやスパイスを加工する作業風景を展示しています。

すりき

すごい!当時のまま保存されているんですね。これはハーブをすりつぶす道具だったと思います。

館内をぐる~っと回ると、今度は香りの温室というステージに入ります。

ここでは、亜熱帯地域など世界中のハーブと触れ合うことができました!

皮膚の弱い方や、アレルギー反応によってかぶれる可能性もあるので、心配があれば触れずに楽しむ方が良いと思います。

ダツラ
花

この花!近所で毎年見るけど、ハーブの仲間だったのか!

色んな発見があって楽しめます!

ハートのハーブ

ハートの形に植えられたハーブ。この前で記念撮影もいいですね~!

花2

お洒落なテーブルの上に活けられたハーブ。世界中には見たこともない様々なハーブがあるのですね。

クラフトコーナーでハーブ体験!

さらに館内を一回りすると、ハーブを使った「クラフトコーナー」にたどり着きました。

ハーブ5種類

参加費は1回500円です。

ハーブの香り袋作りに参加しました。5種類のハーブのうち、3種類を選択します。

どのハーブと合わせてもとても良い香りがするので、好みで選びましょう!

ポイント:ラベンダーは香りが強く、他のハーブの香りがかき消されてしまうと思います。なので、ラベンダーは少なめの量を取ると他のハーブとのバランスがとれます。

香り袋作り1

3種類のハーブを選び、スタッフから1枚のハーブの葉を受け取り、解説通りに3種類のハーブを混ぜ合わせ、1枚の葉をちぎって混ぜます。

香り袋2

これで準備完了です!いよいよ袋詰めに入ります。この時点で良い香りがハンパないですね!

香り袋3

仕上げのハーブも詰めて、ヒモを結んで出来上がり♪

「世界で一つだけの香り袋」の完成です!感激です!

足湯に浸かろう!

この時点で時刻は14:44分

広い館内を歩きまわって足が棒のようになってきました・・・

布引の滝を見る予定もあるので早めにグラスハウスを後にしようとしたとき目にしたものとは・・・!

足湯

足湯を発見しました!しかも無料!!助かりました!

ここから中間の駅までもまだまだ歩きます。ここでいったん休憩をはさむべきです。

順番も自分たちが並びの先頭ですぐに靴下を脱いで足湯に浸かりました。

足湯から見える景色

足湯に浸かりながら神戸市内を見渡せます。海のはるか向こうには関西国際空港があります。

温か~い♪い~い湯~だ~な!

徒歩の疲れもここで癒すことができるので足湯はおすすめです!

足を拭くタオルも貸し出ししていますが、100円を浮かすのであればマイタオルは必須アイテムですね!

15:50分 グラスハウス出発

16時までにはグラスハウスを出発すると時間に余裕が持てます。

グラスハウスを出て下に下っていくと・・・

真冬のソフトクリーム

ハーブソフトクリーム

時間は15:58分。

ラベンダーソフトクリームの売店を発見!この時は真冬で太陽も陰ってきて気温も下がってきた!

なのに食べたくなる欲求には逆らえず購入!一口食べると・・・

ふわ~っとやさしいラベンダーの香りが口の中に広がります。

寒さも忘れるくらいおいしい・・・夏場ならもっとおいしいはず!

夏に食べたい!と思いました。

ここから5分ほどでロープウェイ「中間の駅」に到着します。

16:10分 中間の駅到着!

ここまでのスケジュールで回ると、ロープウェイの営業時間内には十分に間に合います。

布引の滝を見ないのであればここからロープウェイに乗車して山麗駅まで降ります。

我々の最後の目的である布引の滝は、中間の駅と山麗駅駅との中間くらいにあります。

ここからさらに徒歩で下りました。

神戸市内の景色

真上にロープウェイが走るのを見上げながら、急こう配な国道を歩いて下ると神戸市内が見えてきます。

布引の滝の看板があり、国道からそれて山道を下ります。

山道はほとんど舗装されておらず、けもの道ですが十分運動靴で歩けます。

ところどころ岩の段差を下るので、すべらないように足元に注意しましょう!

段差、足元に気を付けながら下っていく途中に赤ちょうちんを吊るした居酒屋風の食堂がありますが、今回はスルー。森の中を歩くのでより薄暗く感じます。先を急ぎました。

「ザーッ・・・」

聞こえてきました!滝の音です!

16:47分 布引の滝に到着!

布引の滝1

かなりの音量で激しい水の音が聞こえます。

ニドネさん
ニドネさん
マイナスイオンがでてるかな!

布引の滝2

展望台からの眺めです。自然の静寂に響きわたる滝の音・・・

ここまでかなり歩いてきましたが、そんな疲れを忘れてしまいました。

結構な山奥にあるのでさらに薄暗く感じます。

まだ明るいうちに下山した方が良いです。

布引の滝での滞在時間は15分くらいでした。

ここから徒歩で15分くらい降りますが、あたりは真っ暗になりました。

街灯があるので安全に歩けます。

17:30分 山陽新幹線「新神戸駅」到着

阪急、阪神線でお帰りの方は神戸市営地下鉄「新神戸駅」から「三ノ宮駅」に向かいましょう。

ハイキングで布引の滝から見て回る場合は、新神戸駅から5分ほどで木々に覆われたハイキングコースに出会います。

標識を辿りながら歩いて30分ほどで、布引の滝の中で最大落差が43mもある「雄滝」に到着できます!

布引の滝から回るコースの場合は、ハーブ園の山頂で夜景を楽しむことも出来ますね!

お疲れさまでした!

神戸ルミナリエに寄ろう!

ルミナリエ

神戸市営地下鉄「新神戸駅」から「三ノ宮駅」に向かって「はい、帰宅~」でもいいんですが、時期によっては帰りに「神戸ルミナリエ」を楽しむこともできるんです!

「三ノ宮駅」から、JR神戸線に乗って「元町駅」へ1駅移動すると、すでに行列ができていると思います。

その行列の目的地が「神戸ルミナリエ」なんです!

神戸ルミナリエの基本情報

日時:神戸ルミナリエは毎年、第1金曜日から10日間実施されます。2019年は12月6日(金)~12月15日(日)に実施されることになりますね!

場所:旧外国人居留地および東遊園地

点灯時間:月~木曜日:18:00頃~21:30

金曜日:18:00頃~22:00

土曜日:17:00頃~22:00

日曜日:17:00頃~21:30

曜日によって点灯時間が異なるようです。

神戸元町には中華街があります!

中華料理で腹ごしらえをしてからでも十分、ルミナリエには間に合います!

ハーブ園と布引の滝のハイキングでまだ体力があるならば神戸ルミナリエも予定に組み込んで光の祭典に感動しましょう!

まとめ

真冬の明るい時間が短い時期でもハーブ園を満喫して、徒歩で下山して布引の滝を見て、安全に駅まで下山することができますね!

各スポット到着時間
  • 9時30分にはゴンドラに乗れるようにする
  • 11時台にはレストランに入る
  • 14時までにグラスハウスに来て、16時までに出発
  • 16時10分までには中間駅を通過する
  • 16時47分布引の滝に到着
  • 布引の滝の滞在時間は15分
  • 帰り道は真っ暗だけど、街灯があるので十分歩ける
  • 17時30分新神戸駅に到着
  • 余力があれば「神戸ルミナリエ」も楽しめます!

帰りは真っ暗になりましたが、ハーブ園を十分満喫してその足で明るいうちに布引の滝も見ることができます。

たくさん歩いて疲れがどっと出ましたが、静寂に響きわたる布引の滝の水の音を聞くと、心も体も休まりました。

冬でも十分ハーブ園と布引の滝を楽しみたい方はこのスケジュールを参考にしてみてください!

以上です!