猫・動物

【野良猫ってこんなにかわいいよ⑦】カキカキとモフモフのお話。

カキカキ

猫さんの頭をカキカキしていた時のお話です。

野良猫に限らず、どの猫もカキカキしている指のところにかゆい部分をもってくるのではないでしょうか?

かゆいところへ動かしてくれる

野良猫さんをカキカキしています。

なでる場所1

「ほかのかゆいところもかいてよ~」と言わんばかりにかゆいところをもってくる。

なでる場所2

かゆいところを指の位置までもってくる。

なでる場所3

結構な時間カキカキさせられる場合もあり、長時間しゃがんでると足腰が悲鳴を上げる。

なぜ、そこまでしてカキカキしてあげるのか。

それは・・・

安心させてモフモフするための先行投資なのだ!

なでる場所4

だが、現実はそう甘くもなく・・・カキカキが終わると草むらや建物のすき間の奥に入ってゆくのである。

モフモフの未払いが多発しています。

皆様も注意してください。

ほぼ100%の猫がかゆいところをもってくる

なでる場所5

頭をカキカキしていると・・・

なでる場所6

頭の後ろをかけ!と言わんばかりの無言の圧力!

更にカキカキは続きます。

なでる場所7

10分ほどしてにゃんこは起き上がります。

なでる場所8

気が済むまでカキカキしてもらい、それで満足したのか「もう触れるなよ?」的なオーラをわざと出して、離れるように去っていきました。

猫さんには逆らえません。

次にお会いした時に今回のモフモフも上乗せして請求したいと思います。

合算で何モフモフになるのか・・・

まとめ

人慣れした野良猫さんは人間にカキカキをねだることがあります。

それはギブアンドテイクではなく、猫の一方的なクレクレでした。

モフ逃げされるとわかりつつも、今回はひょっとしたらモフモフできるかも?と期待を込めて丁寧にカキカキします。

そしてサッといなくなります。

もう、カキカキしながらモフモフしよう!

次の話へ

前の話へ